フィギュアスケートをしていて右股関節が痛くなり来院された岡山市北区の中学生の症例報告です。

毎日2時間程度練習されるようで、2週間くらい前から徐々に痛みが蓄積されていったそうです。

IMG_1865IMG_1867

左側の写真が治療前の姿勢です。体が中心の赤い線よりかなり右側に傾いており左肩の方が下がっています。右足にO脚気味に体重がかかっており股関節痛の一因と思われます。

骨盤や背骨に捻じれや歪みが複数個所認められたのでそれらをカイロプラクティック治療で矯正しました。

右側の写真が治療後の姿勢です。ほぼ中心に体が戻っています。肩の高さも揃い、右足もまっすぐです。

この時点で股関節の痛みは50%くらいになったそうです。さらに股関節に関連した筋肉の筋膜調整を行ったところ痛みは30%位に減ったそうです。

競技の特性上、体幹を反復捻じることが多く歪みをつくる原因になっていると思われますが、まだまだ身長もどんどん伸びているこの時期「側弯症」のような将来に影響の残るような歪みを作らないよう注意深く経過を見ていきたいと思っています。